sponsored link

04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

校医は、エリートのAくんや身近のひいき筋ばかり守ろうとして・・・げっそり。(11) 



それにしても、病院やら何やらを乗り越え(後日書きます)・なんとか辿り着いた校医面談だったのに。



子供が同席していたのは、最初の数分とかだけ。



あとは、私と保健室の先生だけの空間で、校医は言いたい放題。



出席日数の規定や何やらを無視してでも何とかして下さい・息子には何が何でも通学して貰います・・・



とかわが家が絡んだならともかく(※注※ 1回も言ったことはありません)、なんでノコノコやってきただけでここまで言われなきゃならないんだろう・・・。



校医面談の前は 希望をのこしていたのに、そんな話を聞いた私はもう、乾いた笑いしか出てきませんでした。



あと、別室に向かった長男が、実はこの話が聞こえていたらどうしよう・・・とも思ったり(校医が、無駄に声が大きいので)。



もうこんなくだらない話なら、早く終わって欲しい・・・。



普段、お金持ちやら同業者の中ではここまで選民意識を言いたい放題できなかったり・言い負かされたりすることもあるだろうから、この場は校医のそういう鬱憤を心置きなく発散させられる場所なのかしら・・・・・・。



この面談って、終着点はどこなの!?



イライラと興奮と天狗の鼻のコンビネーションで高揚しながら持論を語る校医を見て、私はそんなことを考えてしまいました。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天