sponsored link

01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

校医のトドメの台詞「スクールカウンセラーごときが」・・・に唖然。(2)校医の暴言はまだ続く。 




校医は「学校にもう来るな・諦めろ」だし、スクールカウンセラーは「本人と相談してチャレンジできそうならドンドン試した方が良い」だし。



同じ学校の人なのに、見事なまでに正反対のことを言ってくる、この状態って・・・何!?



その上校医は平然と「私が学校にしがみついて息子を無理矢理来させようとしているダメ親」みたいに言ってくるので、さすがに質問しかえしました。



すると校医はカチーン!としたようで、声を荒げて・・・。



「あのねえ、スクールカウンセラーごときが私の意見にたてつくなんておかしいの。



私は医者、あっちは医者じゃないのよ!



カウンセラーはね、ただのカウンセラーで話を聞くだけ。診断できないのよ。



今診察時間外だから、これも診断って言い切れないけれど。



あなたのお子さんは、私の見立てだと間違いなくアスペルガーだから(どうしてそれが分からないのかしら、と言う感じのため息と共に)。



スクールカウンセラーの意見なんか聞いてて、そっちを信じるなんておかしいのよ。



医者は私なんだから!!!」



と言われてしまいました。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天