sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

不登校留年タイムリミット、担任の大嘘にふり回されました。 




私がタイムリミットのことでせっつきの電話をしたら、担任はとぼけた口調で「もう過ぎてました、残念でした♪」とか言ってきたんですよ。



頼まれていたのに、過ぎてしまってすみません・・・じゃなくて、おどけてお茶目な感じすら出していて、口笛でも吹きそうな感じ。



なんでこんなに口調が軽いの?私は、聞き間違いをしているの?って、我が耳を疑ってしまいました。



「え、どういう事ですか?」って聞いても、「とにかく過ぎちゃいました~」と言ってさっさと電話を切ってしまうし。



だまし討ちに遭ったみたいで、私は愕然。



我が子は、なんとかがんばったりもしていたのに。



でも、自分で計算するのは(学校側の計算方法が分からないため)できないから先生になんどもお願いしていたのに・・・。



長男もタイムリミットを気にしていて、でも返事がなかったから「先生が計算してくれるまでちょっと待っててね」って伝えてあったから、「実はもう過ぎてました」なんて・・・子供になんて打ち明ければ良いんだろう。



私は、愕然としてしまいました。



それなのに、やっぱりおかしいと思ってその後、担任の上司に直接電話をして確認して貰ったら、リミット過ぎてなかったんです・・・!!!



私は、ダブルでびっくり。



まだ何日か、余裕があって。



担任の先生は、計算するのも面倒だからはぐらかして、「そろそろかな」って時に「もう過ぎてました」って言ったみたいです。



うちがずっとヤキモキして、でも先生のお仕事を邪魔するわけにも行かないから、いつまでたっても返事が無いけれどあんまりせっついても・・・と頭を抱えていたのに、はなからウソをつくつもりだったんですかね。



そりゃあ計算は面倒かもしれませんが、こんなウソをつかなくったって・・・。



もうこの時は頭髪が全部白髪になるかと思うくらい、ショッキングでした。



でもやっぱり、息子については「迷惑」とは思いません。



しっかりすべきなのは、大人だけです。




関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天