sponsored link

01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

しかし、スクールカウンセラーよりも一番の問題は担任だった・・・。(2)僕は忙しいから、子供の事は母親がやって。 




スクールカウンセラーで疲れ、保健室の先生で微妙な目にあって、当時はグッタリ。



でも次なる敵:担任は、もっと手強くいいかげんでした。



担任は春のクラス懇談会の最初の挨拶で「今年は子供が産まれたばかりだから、クラスの事はあんまり対応できません。



他にもやらなきゃいけない業務がいっぱいあるので、お子さんの事はお母様方がよろしくお願いします。



細かい事を相談されても、対応しきれません」と事務的に言い切ったような先生で・・・。



私は色々な担任挨拶を聞いたことがあるけれど、産休にはいる先生だってこんな事は言わなかったのに・・・とちょっとビックリ。



それでもまあ、もう高校生なのだからあまり学校に手取り足取りを求めないで下さい、過剰な期待をしないでくれれば・通常業務がはかどります程度の牽制なのかなと、当時は余り気にもとめませんでした。



でも、不登校問題が出てくると・・・。



そう、うちの不登校がらみなんか、特に「そんな事に力を割いている余裕ないんだけどな」という雰囲気を滲ませてくるような先生でした。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天