sponsored link

04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

不登校になった時に、相談できなかった。 




長男が不登校になった時、夫以外はまともに相談できませんでした。



学校は一応相談窓口的なものがあったけれど、基本聞くだけ。



担任の先生・スクールカウンセラーは、問題だらけ(後日書きます)。



そして、先に不登校になっていた友達親子には・・・特に相談しづらかったです。



わが家より先に不登校になったQさん・Wさん宅とは、ただその事実を知っているだけでは無くて、お母様からクラスでの事を相談されたり・愚痴を聞いたりしていたので、逆に相談しようと思えばできる間柄ではありましたが・・・



この2家族の原因がわが家よりももっと深刻だっただけに、例えばうちがあわてて相談して、あっさり解決してあちらのご家庭はまだ苦しんでしまったりしたら・・・



とか、状況がよくわからなくて相談したい事も定まってないのに今の段階で話をしたら単なるグチになるかな・・・とか、



相手のご家庭の方が大変かもしれないのに、そして「その立場では言われたくない言葉」とかがあって・まだこの不登校関係では無知も同然な私が、そういう余計な事を言わない保障があるだろうか・・・



でもこんな事考えてるのって偽善とか・なんか変な感情にとらえられてしまったりする!?



ああもう、客観的に見るとどうなのかよく分からない!多分頭がいっぱいになりすぎて、判断できない。



判断はできるけど、「迷いの無い判断」ができない。。・・・とかグズグズ考えてしまい、全然踏み切れませんでした。



・・・2家庭とも、すごくいい方なんです。



だからこそ傷付けたくないし・負担にもなりたくないし・・・嗚呼どうしよう!!と言う気持ちより、失礼な事したくない・・・と二の足を踏む感じの方が強くなってしまいました。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天