sponsored link

04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

「全部お母さんが悪い」と言うスクールカウンセラーとの面談・・・。(2) 



結局、スクールカウンセラーはちゃんとわが家の資料(多分担任から渡された紙)すらも読んでいないようで、思い込みでこっちにまるでストレス解消かのように一発ぶち込んできた感じでした。



本当は資料を読んでいるのに話の流れとして知らないフリをして一応Q&A形式に質問したりしてるというのではなくて、全然読んでなくて家族構成とか・今までの経緯もトンチンカンに把握していたりして。



直前に他の子の資料を間違えて読んで、その誤情報のままこっちに話しかけてきてるのかな・・・!?



いやそれでも、家族構成やら何やらの違いを指摘しても、全然へっちゃらな感じだし。



普通あれもこれも違いますよって言われたら、しかも基本情報からして間違ってたら、ちゃんと資料読み返すよね・・・!?



それをちゃんと読み返すこともなく、「まあイイや」くらいの適当なこの感じ、一体なんなんだろう・・・。



え、まさかカウンセリングの仕事、嫌いなのかな?



仕事としてちゃんと話を聞いてケアしたいって言うより、親戚の集まりで無責任な叔父さんが年下の子供達に言いたい放題言ってるみたいなこの感じ、やめてほしい~~。



これ以外にも教授職とか何かしらのそう言う「仕事」がメインで、ツテ・しがらみ・名誉・肩書きが増えるために適当にこなしてるだけなのかしら。



なんかちゃんと「仕事」としてやっている感じがしないんだけど・・・。



私は内心、混乱しながらカウンセラーの話を聞いていました。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校になった時

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天