sponsored link

06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

不登校を、実家・義両親に言うかどうするか悩んだ。 




いつもは即断即決することが多いのに、このデリケートな事柄はやっぱり慎重になった方が良いのでは・・・とか、どうしても躊躇してしまう。



それで、余計ストレスが溜まる。



消去法で頭に浮かぶ案をある程度消す事はできるものの、どれがベストなのかわからない。



ベスト・・・ベターでも無い・・・!?



なにをどうしたらよいのか、わからない・・・と言う閉塞感が頭の中に充満していました。



夫は仕事人間で、関わってくれる時間が少ない。



報告を「聞く」だけはしてくれるけれど、状況判断とか誰かにアドバイスすると言う事が出来ない人なので、推進力や判断力は期待できない。



妨害や反対されないだけ良いじゃ無い・・・と思われるかもしれませんが、長男の人生の判断を1人で背負うのはとてもプレッシャーでした。



自分の人生だったら、自分が決めて自分がその判断ミスのあおりを受けとめれば良いけれど、子供の人生だと子供だけにその負担が行ってしまう。。



実家や義理実家も、理解があるわけではなかったし。関係もうまくいってなかったし。



両方とも「昭和」な考え方だから、「不登校」は「サボり」だと思ってそう。



特に姑は「息子を奪った嫁は面白くない」・「結婚なんてしてほしくない」モードだったので、嫌味を言ってきそう・・・。



もしくは、報告・相談してもスルーか無視されそう。



例えば息子が不登校になった事を「世間的に恥ずかしい」とかは思わなかったけれど、今がいっぱいいっぱいだからこれ以上敵が増えたり・訳の分からないことを言われたら対応しきれない。



それが身内なら、なおさらほっときにくいし・・・と言う感じでした。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校になった時

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天