sponsored link

05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

Aくんママの意地悪で、とってもゲッソリ・・・。話が通じない。 



と言うのも、私達が当時やっていた係は子供達とも連携する必要があったのですが。



ある日急にAくんママから連絡が来て、”「琥河くんには(子供達の班の中の)連絡係になってもらった」って息子が言ってたから。



役目を全うしてください。”・・・と連絡が入ったのです。



その時はもちろん、長男は教室にもまだ一度も入れていないし、クラスメートの誰1人にも再会した事が無かったのに。



そんなイベントの連絡係にされても・・・しかも、誰にも会えない息子が他の人の調整なんて一番できそうに無い事なのに。



さらに、そのイベントが実施される日には、わが家はもうこの学校にいないかもしれないのに。



しかも、それをAくんが推薦・決定したって言うんです。



他の子はうちがなんで不登校になったのか知らないし・病気なのか入院なのかなんなのか知らなかったみたいで(担任が発表したりはしてません)、Aくんが言うなら・・・と言う感じで決まったみたい(他のママ友・談)。



だから私はびっくりして、「あの・・・先日説明させていただいたと思うのですが、わが家はそれをこなせる状態では無いのです。



申し訳ありませんが、Aくんにお話いただけませんでしょうか」と言ってみたんです。



そうしたら、「子供が決めた事ですから!!何で私がそんな事をしなくちゃならないの!!」とだけ返事があって。



私はこの世に、こんな大人がいる事が悲しくなりました。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天