sponsored link

07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

不登校後の長男の大学生活の話。討論や発表系。 


不登校後、長男が大学合格して通い始める時、私は討論や協議、発表系をちょっと心配してました。


と言うのも、和を乱すタイプじゃ無いけど、IQの検査?の時に、複数人の話を同時に聞くのが上手くできてない



(その関係の数字は平均値より高いのだけれど、ほかの分野が全てそれよりプラス20あるから、


本人としてはアンバランスでガタつきを感じるんだそうです。)



なので、集団の会話ってついていけるのかな?と。



英会話じゃないからついていけないって事はないのかな、でもそれをたくさんやったら気力体力奪われて、マイナス思考になったりしないかな?と。



すると結局、緊張とあがるのが本人としては最初辛かったみたい。



それも、絶対失敗したくないと、すごーくベストの回答や示唆をしたいみたい。



完璧でいつづけたい、少しでも恥をかきたくない、と言う感情が背景にあるみたいでした。



でもそれも、しばらくしたら慣れて、すごくうまく行ったのだけ自慢してくるようになって。



最初の頃話を聞いていると落ち着く感じだったので、よく聞いてました。



でもこれも、不登校時代より気力体力回復したからなんだろうな。



多少の波があっても、本人もフラつき方が断然違ったかなあ。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 大学進学後の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天