sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

不登校後、大学入学後、勉強面で0か100かのこだわりが出てしまって…親は辛かった。 



そして、長男が志望順位上位校にうからずこの大学に来たことが、意外な意味で良い効果をもたらしたみたい。



なんか合格前の大学受験期よりも、うかってからのほうがある意味成績取りたがってたかも…。


もちろん受験勉強の方が真剣さはあったものの、なんていうかこの学年でトップ層でいたい、みたいな欲がありました。


第一志望じゃないからかなと思ったものの、彼の理想の大学生活だとそうなるみたい。



それで、意外とカリカリしたり、顔が硬直したり。


それって、いいことなのかどうなのか…。



向上心としては応援したいけど、テストでちょっとしたミスがあるとびっくりするくらい落ち込んだりして、あまり状態がよくなかった頃の100か0がの両極端な受け止め方に似てる感じだったので、心配になってしまいました。



でもどこからどこまで口を出していいかわからなくて…。



主人がこの頃特に長期出張だらけで私ばかりが話を聞いていたので、役割分担して話を聞き出せたらなあ…と何度も思いました。


(主人が話を聞きつつも明るく受け流すようタイミング見て促す、逆に私は聞き上手に徹底するなど両パターンで様子を見る的な)


息子がちょっとした凹み方で不安定になった時とか、やっぱり私のそばに誰かいてくれるかいないかって、すごく心理的に違うんですよね。



もう最悪の時期は抜けたけれど、もしもこのまま…なんて暗い方向へ頭が行ってしまいそうで。



ただ子供に吹っ切ってほしいのに、大人の私が吹っ切って無かったら出来るわけない、と思ってとにかく実質的に自分が何をしたらストレス解消できるか見極めて、少ない時間でなるべく最大限気持ちを動かせるものを、その都度選んで塗りつぶしていた時期でした。




関連記事

sponsored link






[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天