sponsored link

03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

不登校後、1年目の大学受験は本命と2校しか受けませんでした。 




そして、準備が足りないまま一年目の大学受験を迎えました。



本命が国立、プラス私立も2つだけ受けて・・・。



私立が受かっても浪人すると言い切っていて、本人的には「あんなに辛い思いをしたのだから、それを拭えるような成功が欲しい」と言ったような印象に見えました。



ネームバリューが・・・とか就職率が・・・とかではなく、「あれだけの損」・「あれだけの辛い思い」を「まだそれも良い経験だった」と捉えるためには、「第一志望」に受かるしかないと思い込んでいる感じ。



実際本人がまだ体調も万全でないのに自分に鞭打って頑張っていたので、その辺に口を挟むのはやめました。



ただ手続きをしてあげて、体調管理と栄養バランスに気を付けてあげるくらいしか、親はすることがなかったかも。



でも重苦しくもなってもいけないし、明るすぎてもおかしいしで、なんとなくソワソワ内心は落ち着かなかったかな。



割と私はポーカーフェイス気味なのですが、それでも漏れ伝わるところがあるんじゃないかと、ハラハラしてしまいました。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校~大学合格・入学式前迄の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天