sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

不登校中ゲームやネットなんてとんでもない!なんで取り上げないんだ!と言う意見もあるけれど、我が家では逆にネットやゲームの話題で盛り上がっていた気がします。 





ただし、親が放置している・自分の事を愛してないと錯覚したら困るから、逆に求められれば一緒にやったり・難しくてとてもついていけないようなゲームについてはどこがおもしろいのか適当に聞いてみたりして、何に喰いつくのか反応を見たりもしました。



だから、不登校中にゲームやネットなんてとんでもない!なんで取り上げないんだ!と言う意見も世にはあるけれど、我が家では逆にネットやゲームの話題で盛り上がっていた気がします。



ごきげんを取るため・元気になってほしいから・・・と言うオーラを漂わせるのではなく、単純に若い今時の「新しい物」に興味がある・面白そう・・・と言う感じで接しました。



実際ちゃんと興味が持てるように、暇を見つけてはそういう話題に触れたり・下調べしたりもしました。



演技とかじゃなくて、その中から自分が本当に面白いと思った話題に、より喰いつくようにもしました。



不登校ってよく「原因は親」と言われがちだけれど、私はそれだけだとは思いません。



でも一旦不登校が発生した後、その後の経過については、やはり親のかかわり方はすごく責任重大になってくると思います。



今回のゲームみたいに、一般的にはあまり聞こえの良く無い物でも活用したり・匙加減を見極めたり・我が家に合うベストな作戦をとらなきゃならない。。



だけど逆に、責任重大と重い方にとらえるのではなく、一番大変なのは本人だけれど、自分次第で「滑り」が良くなってアシストできるかも・・・と言うスタンスで常に居続けました。



何をどの程度・どう言うか・・・。子供との相性や信頼関係も、重要になってくるし・・・本当に綱渡り感覚・だけどでんと構えなきゃいけない・実は内心はドキドキハラハラ・・・といろんなことがまぜこぜの毎日でした。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校~大学合格までの勉強面等の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天