sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

その時、自分を客観視して、「こういうことしたことないし・自分は結構まとも・・・と言うか、そんなに自信なくすほどのことじゃなかったのかも」と思えたみたい。 




ツイッターは一堂に会し続けているようなものだし、発言を削除しなければ永遠に残るし、誰が誰にどう噛みついたかわかるし、もし発言を削除してしまってもスクリーンショットで証拠が残ってたりするし。



それまで、長男は「口論」・「言い争い」をものすごく嫌うタイプだったので、お友達とそうなる事がなかったのですが(音に過敏だから・・・?



お友達同士のそう言う場面を目の当たりにすると、頭を抱えて真っ青になって「○×▽◆・・・・」みたいな目がちかちかした感じで遁走、と言うのがパターンでした)



音の大小など関係ない、文字の世界で「生の喧嘩」をそう言われてみればよくよく見た長男は、結構ビックリしたみたい。



もっと自分以外はしっかりしてて、みんな大人だと思っていたらしいです。



だけど、文字で分かりやすい、生々しい他人の本音・悪意を目の当たりにして、ちょっと引いたと言うか。



自分を客観視して、「こういうことしたことないし・自分は結構まとも・・・と言うか、そんなに自信なくすほどのことじゃなかったのかも」と思えたみたいです。




関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校~大学合格までの勉強面等の話

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル: 育児

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天