sponsored link

09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

「薬の副作用が起きませんように」・「明日は学校に行けますように」・「明日は少しはよくなってますように」みたいな直近のお願い事・希望・神頼みみたいなのに必死になってしまって、それが叶わないとすごく苦しくなってしまったので。 



「長男が生まれてきて良かったと思える生活をつかむことが目標」



・・・と言うのはもちろん不登校になる前もそう思っていたけれど、意外と不登校問題がドーンと起きると、この点が下手するとかすんで見えるんですよね。



それよりも、例えばもっと手前の・・・。



「薬の副作用が起きませんように」・「明日は学校に行けますように」・「明日は少しはよくなってますように」みたいな直近のお願い事・希望・神頼みみたいなのに必死になってしまって、それが叶わないとすごく苦しくなってしまう。



でも、今日もし薬の副作用が起きても(大事に至らなければの話ですが)、明日学校に行けても、明日少しはよくなってても、明後日のことなんかわからない。



渾身の願いで一番手前の事を願って、それが果たされなかったからと言って、その小さな勝敗に一喜一憂してたらその奥にある遠くが見えなくなってしまう・・・と言う事を感じたんです。



今日・明日だめでも、その先に・最終的に「長男が生まれてきて良かったと思える生活をつかむ」事ができれば、いいのだから。。



だから、病院や通信制高校・担当講師の選定などには細心の注意を払いつつも、あんまりにも「直近の願い事」にとらわれすぎるのはやめました(それでも普通には、考えてしまいますが。



あくまでも、コインを投げてみたら今日は表だったが、明日はわからない位のスタンスにその都度切り替えて、なるべく平常心になるようにしました)




関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校~大学合格までの勉強面等の話

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル: 育児

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天