sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

長男が不登校になった時、現実的な解決策の道のり・何が起きても揺るがない指針を考えた。 





そりゃあ、今すぐ学校に行くようになってくれて・普通に元気に通学してくれて・不登校何て何もなかったかのようになってほしい。



でも一旦始まってしまったし、どうも本人は相当苦しいみたいだし、ただのサボリではなさそう。



そう感じたところで、私は現実的な解決への道のりと、何が起きても揺るがない指針を考えてみる事にしました。



その際は、非常にビジネスライクに・客観視すること。



非現実的な妄想は、そういう事をちゃんと考えてからにするようにしました。



まずは、「何が起きても揺るがない指針」は、息子が普通に学校に通って普通に卒業してくれる・・・とかではなく、「最終的に長男が幸せな生活を送る」・



「長男が生まれてきて良かったと思える生活をつかむことが目標」・「親が死んでも、息子がちゃんと生きていけるようにする」・



「息子に、今いる家族以外に 信頼できる人・社会の中にどこか居心地の良い場所・新しい家族など、どれでも良いから何か一つ心のありかを作る」です。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校~大学合格までの勉強面等の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天