sponsored link

11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

アスペ気質の長男は、本人にやる気がないと言うより、同じことをやっていても納得したりツボに入ってやっているときと、そうでない時代の差って、ストレスの量が断然違うんです。 



表現が難しいのですが・・・アスペルガー気質の難しい所は・・・。



例えば、英語にしても。



本人にやる気がないと言うより、同じことをやっていても納得したりツボに入ってやっているときと、そうでない時代の差って、ストレスの量が断然違うんです。



そこが、普通の人とアスペルガーの長男の徹底的な差なんじゃないかと思います。



多分普通の人なら、気に喰わない事・納得のいかない事をやって発生するストレスが10、途中で「あ、これはさっさとやっておいた方が・身につけた方が自分の得になるんだ」とわかって方針転換し、



習性になってから発生するストレスが1・2位だとすると。



アスペルガー気質の長男は、気に喰わない事・納得いかない事に手を付ける前に目の前にしただけで1000のストレスが、やりながらは万のストレスがかかる。



そして「方針転換」も中々すぐできないから、累計ストレスがすごいことになってしまう。




関連記事

sponsored link






カテゴリ: 未分類

テーマ: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル: 育児

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天