sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

長男が不登校になるもっと前の、小さい頃の話。不登校になって外に行けなくなるとは思えないほど、小さい頃はとにかく外外外! 




とにかく小学校までは外遊びばかりだったので(受験期にはさすがに机に向かっていたものの)、高校で不登校になり外に行けなくなるようになるとは思いませんでした。



小さい頃は外外外!な長男につられ次男・三男も連れて行かなきゃならず、ワンオペ育児で家のことは山積み・・・だったので、どう生きていたのか覚えてないほど必死な毎日でした。



毎日がトライアスロン、みたいな気分だったかも。



周囲を見回してもこれだけ外に居たがる子はいなかったので、将来は世界を放浪したり・野宿生活で日本一周とかしちゃう子になるのかな・・・なんて思ったりも。



例えば他のお宅と大きい公園で待ち合わせして2・3時間遊ばせるとみんな満足して帰っていくのに、我が家はその待ち合わせ前にも数時間、そして待ち合わせ後にも数時間、日が暮れるまでその公園で発散しないとチックが出ちゃう感じ。




憑き物でもついているんだろうか・・・と言うくらい、そうでもして解消しないとリラックスできない何かがあるかのようでした。



でもやっぱり、我が子の成長を傍で見れるのは嬉しかったかな。。



一方で、我が子可愛さで信じられない力が出てたけど、今思うとどう体力をやりくりしていたのか・その自転車操業ぶりが怖かったりもします(^^;)。



今思うと・・・本当にギリギリでやり過ごしていたんだなあ…と。



そしてその後、不登校でほぼ家に居る日々からの、もっと時間がかかるかと思ったのに大学合格から、普通に通えるようになって・・・。



親としては嬉しいけれど、カルチャーショックが二回やってきた感じでした。





関連記事

sponsored link






カテゴリ: 長男が子供の頃の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天