sponsored link

05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

長男が不登校になるもっと前の、小さい頃の話など。 




もうちょっとさかのぼって、小さい頃~現在まで長男がどんな子だったかを、つらつらと書いていきたいと思います。



自分の家みたいなタイプが中々いなくて、・・・子どものことは大好きだけれどずっとどう親として接すればいいか、悩んできたので・・・。



もしかしたら、どなたかの参考になれば・・・位の情報ですが。



うちの子は何というか・・・おとなしい子で、他のお子さんとトラブルを起こしたりはしませんでした。



一般的な一部のイメージだと、アスペルガーは高圧的でデリカシー無くパワハラしてくる(?)ような、KY・・・と言う風にとらえてる人もいるみたいですが、孤立型のせいか逆に他人にそんなに上からとか言う以前に、深くかかわろうとしない。



これは親のひいき目とかではなく、周囲からもよく「琥河くんは泣かせたり・お友達困らせる事絶対しない」とビックリされていたので、実際そうだったと思います。



小さい頃、公園でほかの子にイジワルしたり・泣かせたりも無く・・・あんまり周りが見えていない感じ。



人間に興味が無い、モノや自然にばかり目が行く。



モノを取られたり・叩かれてもすごく反撃!したりもなく・・・固まる感じだったかな。。



この点は小さい頃からすごく気になったのですが、とにかく本人が水族館にいる回遊魚のように前だけをむいてひたすら泳いでいく感じで、本能のまま動いてる感じなので…



なんか見てても、親がどうこうでなんとかしようとするのは無理っぽい。



一見優等生風のルックスなのですが、ゴリッゴリにアーティストとか学者気質みたいなオーラが出てて、感性のまま生きてる雰囲気がありありとしてました。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 長男が子供の頃の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天