sponsored link

09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

不登校になる前、中学受験期の・・・長男の変わっている勉強の「癖」・「傾向」。 





今はびっくりするくらい、直ったのですが・・・。



長男は元々中学受験の時から、漢字や年号・割と単純な問題に興味があまり無かったり・注意力が無かったりしてよくケアレスミスをしてしまう子でした。



・・・と言うと、「そんなの男の子だったらよくある話」とまた片付けられてしまいそうですが、例えば・・・。



模試で、国語の<1>の漢字問題10問の9割を落としてしまうなんてザラなのに、<2>以降は結構取れていたりする。



算数も、<1>の単純な計算問題はこれまた9割落としたりすることもあるのに、<2>・<3>はとれていて(ただし、最後の最後で単純なミス・単位記入もれなどはたまにあり)、<4>以降の.難問もパーフェクトではないものの部分点が取れていたり・・・で、結果名前が載ってしまうような超トップクラスではないものの、トップ層の学校の判定結果がかなり良いと言う不思議な状態。



今思うと単純な計算とか年号とか漢字とか「つまらない」と感じたもの・性に合わないもの2に関しては、本能的にモチベが出なかったんでしょうね。。



「受かりたいからこれはやらなくちゃ」と言うより、目の前にあるものの中から無意識に興味のある物にだけ力を注いで、



頭の中でザーッと文字や計算が巡って行ってそれを丁寧に書き留めたり・思い出したりせず、感性だけで半分ボーッとしながら解いて行ってしまっている感じ・・・なのかな。




この無意識の中で本人は漂っているのが好きみたいで、周囲が言うから・やらなきゃならないから意識的に意識を保って問題を解く・・・と言うのは当時は性に合ってないみたいでした。



途中式も書かないでふわーっと頭の中でやるのが好きで、その部分は合っているのに最後紙に書き写す時に間違えていたり・・・なんか独特でした。




そんな感じで単純な問題でごっそり落とすことが多いので、模試の結果もどう読んでいいかわからないし・この子は頭が良い子なのかそうでもないのか判断つけるのが難しかったし・親としてどういうスタンスで教育していけばいいかかなり難しかったです。



周囲にそんなお子さんがいれば、先輩ママからどう接したか聞きたかったのですが・・・。



似たような子がいなくて、ギフテッドクラスの先輩ママの話とはうちはやっぱり全然違うし、色々な方にお話を聞いたものの同じケースは全くなし。



塾の先生にも相談したものの、これまた該当なし。



本人が興味を持たない勉強・勉強方法は、いくら周囲が言ってもまったく本人聞く気なし。



(周囲の話を脳内で分析して、不要だから聞き流す・・・と言うより、人間の暮らしにピンと来てない宇宙人みたいな感じでした)




関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校~大学合格までの勉強面等の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天