sponsored link

08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

通信制高校転校後、一回目のスクーリングで「会場のえり好み」に困った。 




あと、スクーリング会場自体は一か所じゃなかったのですが、私からしてみると「何が違うの?」レベルの些細な事で長男が「こっちのビルがいい」とこだわったのが困ってしまいました。



視線恐怖のせいなのか、教室の入り口と座席の位置関係で、かなり疲労が違ったみたいなんです。



ただ、その位置関係の説明を聞いても、いまいちその違いがピンと来ず・・・。



縦横の机と椅子の間隔とか、本人は一生懸命説明してくれたけれど、正直どこに差があるんだろう・・・と不思議になるばかり。



その後 模試を受けるようになって各会場についても帰宅後ああだこうだと言っていたものの、やっぱりハタから聞いていてわかるような内容ではなかったです。



そしてこんな調子でもし大学に入って「教室の入り口と座席の位置が無理」とか言い出したらどうしよう・・・とまた凹みかけましたが、もう脳内に水洗トイレのようなものをイメージして、とりあえずあんまり先の話はボタン一つでザーッと流れていくと言う設定にしてしまいました。



不登校は、親が先の事で悩みだすときりがない・・・。



体力と精神力には、きりがありまくるのに。



そして、日々「老い」を感じて体力・精神力共に目減りしていく一方なのに。



・・・・・・・そんなこんなで、一日1単位しか受けられないし、会場もえり好みするし・・・で、この先大丈夫なのかなあ・・・なんて、つい思ってしまったりも。



でも、とりあえず少しでも単位をとることができたし、「前進」には間違いない、いやかなりな前進なのだと再確認し達成感をイメージするようにしました。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 通信制高校・サポート校に転校後・学校関連の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天