sponsored link

04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

しかも、教室復帰にはスクールカウンセラー以外の「校医」の許可も要ると知り愕然・・・。 



私は今まで、お医者さんや先生と名の付くものに表現は悪いものの「ハズレ」をひく事が多かったんです。



救急車で運ばれたのに全然対応してもらえなかったり・間違った診断・適当な処方で副作用だけヒドイ目にあったり。数え切れないくらい。



その後徹底的に調べ直すと良いお医者様・先生に巡り会えたものの、たいてい一発目は絶句するような人が多かったです。



だから、「自分はこうだから」と言うマイナス思考・思い込みにはハマりたくなかったものの、ついつい暗い気持ちになってしまいました。



自分の運の無さで、長男に迷惑をかけてるのかなあ・・・とかじっと手を見てしまって。



しかも、この頃やっとママ友(不登校のご家庭)に相談したら、中学はまだ出席日数の規定がゆるいけれど(義務教育だから)、高校は早い、



特に美術などの専科は10回も休めないうちにアウトになってしまうから、学校によって多少設定が違うし・その辺をよく聞いておいた方が良い。



あと長男が通っていたのは私立で上まで付いている高校なのですが、スクールカウンセラー以外にも校医というものがあって、その面談をクリアしないとクラスに復帰できない



と言う新しい事実を過去の係つながりのママ友から聞き、ビックリしてしまいました。



スクールカウンセラー以外にも、まだ乗り越えなきゃならない壁があるのかと。



この辺は学校によっても違うので、あくまでわが家だけの少ないケースかもしれません。



そして、あんな風におかしな校医も、この人だけかもしれませんのでその点は過剰に不安にならずにお願いします・・・。



しかし、この校医というシステムがわが家にとっては、さらに混乱を招く微妙な存在となってしまいました。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天