sponsored link

11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

どこまで親が兄弟間のことに関して介入すべきなのかは、悩みました。 




不登校になってから、はっきり言って母親の私が色眼鏡で見られることは多かったです。



だから、自分でも そういう言われ方をするのが嫌で、凹んだ時もありました。



でもふと思ったんですよね・・・。



なんか、どこからどこまで親が兄弟の問題に介入したら良いか、わからないなって。



小さい頃に言い合いの兄弟げんかをしてる時、周りのご家庭の対応は様々でした。



どう見ても片方がもう片方をいびっているのに、完全無視・本人たちに任せるご家庭。



「もう、いい加減にしなさいよ~。」くらいは軽く声をかけて様子を見て、いよいよ・・・どうかという時には、間に入るご家庭。



とにかく「兄弟は仲良くしなさい」と言って、率先して兄弟げんかに介入するご家庭。



・・・我が家はどちらかというと、二番目のパターンだったでしょうか。



でも、長男みたいなアスペルガーだと「ちゃんと」とかよりももっと具体的に言わなきゃピンとこない時も多いし、そもそも孤立型だからベッタリは望めないかもしれないし。



かたや、次男・三男だって・・・そりゃあ親としてはもっと「仲良く」・「兄にやさしく」なってくれたらどんなにか楽か・・・と思うものの、そんな聖人君子みたいになれって言ったら反発がくるだろうし、



すっごく優しくはしてあげられなくても、次男や三男はすべての言いたいことを言っているのではなくて、割合飲み込んでくれているっぽいし。



だから、これ以上望んでしまっていいのかな・・・とか、やっぱり余計なのではないかな・・・とか、答えが中々見つからないまま悶々としてしまいました。




関連記事

sponsored link






カテゴリ: 家族や兄弟の事

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天