sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

そして、三男の家族カウンセリングが始まりました。 




そしてようやく、三男の家族カウンセリングの日になりました。



ただ・・・・・・



三男はまだ小さかったので住んでいる地域から医療費の補助が出ていたのですが、予約の時に家族カウンセリングは「初回は保険適用外」と言われていたので、金額がとても怖かったです。



(結局 諭吉先生が数枚飛びました)



それでも、次男も三男もいつも兄の後を追っかけるのが好きで、かなり意識と言うか憧れと言うか対抗心と言うかを持っていたので、それが良い方向に作用することもあるけれど、



こういう「兄にはやってあげてるのに、なんで僕にはやってくれないの」になりかねない状態ではそういうクレームが来そうなので、もう「これは必要なんだ」と言い聞かせて割り切りました。



確かに必要なんですけどね・・・。節約しなきゃと思い立ったらこれだったので、余計不安になりました。



そして家族カウンセリングは私も一緒の部屋にいてよいというので、最初はいて・席を外していた時もあったと思います(かなりうろ覚えです)。



それで実際にカウンセリングが始まると、三男の口から語られる長男像と 二人の関係性が、傍から見ているものと結構違っていたので、私は内心びっくりしてしまいました。



三男は兄との関係に不満を持っていて、でも結局それってもっと仲良くしたいのに構ってくれない(構える状況ではない)と思ってるみたい。



いやいや結構、不登校になってからも兄弟で会話してたし、趣味も一緒で盛り上がってたと思うんですけど・・・。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 家族や兄弟の事

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天