sponsored link

05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

それでも、育児の大変さは長男 100000 対 次男50 対 三男10くらいだったんですよね・・・。 




かなりな学費のサポート校のオカネを覚悟したとたん、三男が泣きながら「僕もアスペルガーかもしれない・・・」と言ってきたので、私は顎が外れるほどビックリしてしまいました。



しかも、落ち着きを取り戻して向き合ってみたものの、どうも話が要領を得ない・・・。



だから、こういう時はいかに失言しないかが肝心だと思って、よくよく話を聞きました。



そして確かにネットで検索したら、子供のうち一人だけでなくて二人・三人と不登校児のいるご家庭はあったけれど・・・



なんか普通に油断していたところからの 仰天発言だったので、私は白髪になるかと思うくらい驚きました。



しかも、調べてもなんか・・・どうしたらよいのかわからない・・・。



ちょ・長男以上にわからない・・・!



正直、育てにくさ(全く寝ない・過敏・友人との関係が薄い・忘れ物やらなにやらが多い等々)を包み隠さず数値にしてみると、



長男 100000  次男50  三男10 くらいの感覚だったんです。



長男の「寝なさ」・「過敏さ」は特に突出していて、究極レベルの癇の虫とか夜泣き・・・といった感じ。



肌に見えない毛虫だか寄生虫だかわけのわからないものがついていて、痛いのかな・・・と真剣にその皮膚を・そして様子を見てしまうくらい、ずーっとキーキーしてました。



・・・そんな話をするとよその人は「長男は 初めての子だから、お母さんの気負いを感じちゃってるのよ」とこちらのせいかのような事を言ってくることが多かったけれど、



日々ヨレヨレの私からするととんでもない・・・え、私のせいみたいに言わないで欲しい・・・こんなに頑張っているのに。



そんな次元ではない、工夫はいろいろしたけれどどうにもならない。。私の匙加減でなんとかなる、レベルではない・・・と言うのが正直なところでした。



(※大変さは長男が突出していたけれど、子供としての可愛さはみな等しいです)



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 通信制高校・サポート校に転校後・学校関連の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天