sponsored link

09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

不登校転校後の通信制高校とサポート校の「金額」に、青ざめつつも・・・。 




それで、サポート校やら不登校の家庭教師やらについて、調べ始めたのですが・・・。



色々あり過ぎて頭が混乱。。



通信制高校だけだと、自宅で通信教育で授業数をこなし・たまにスクーリングと言って 試験や実技(ヨガなどの体育的なものや、社会科見学的なもの)を受けに行ったり・・・。



それと、通信制高校だけでは卒業する確率が低いけれど、サポート校というセットになった塾・・・と言うか、もうちょっと手取り足取り・一緒に歩んでくれる場所?みたいなものがあって・・・。



そこだと、その通信制の授業・課題を一緒にやってくれたり・受験勉強を共に組んで教えてくれたりする家庭教師・もしくは個別授業タイプみたいなものが用意されていたり。



とにかく、予測よりもバラエティが豊かすぎて、うれしい悲鳴のような・逆にそれでもよくわからないからここが選びどころというか、、



子供の判断は子供の判断で自由だけれど、じゃあ丸投げじゃなくて 子供の個性や状況を冷静に見た上で、親は親だけとしての判断を(子供に伝えるかは別として)間違ってはいけない・・・みたいなプレッシャーを感じました。



とにかく未知の世界だか情報量が多すぎてら頭の中がチカチカしたけれど、たまに各ホームページなどに載っている「体験談」・「こうして卒業しました」みたいな文章を読んで、



「長男も、まんまこの通りじゃなくても、いつか苦しみを抜け出してくれることが出来たら・・・」なんてしみじみ思いながら、穴が開くほどその記事を見つめたりしていました。



いつかその日が来るんだろうか、うちの子にもそんな未来があるんだろうかとも思いつつ、当時はそれらの文章にかなり救われた気がします。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 通信制高校・サポート校に転校後・学校関連の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天