sponsored link

04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

「全部お母さんが悪い」と言うスクールカウンセラーとの面談・・・。(1) 




「不登校なんて、どうせ、お母さんが全部悪いんでしょう」とか何とか・・・



スクールカウンセラーのあまりにも予想外の第一声に、私は呆気にとられてしまいました。



「この人、何を言ってるんだろう。何を判断基準として、そんな事言っているんだろう・・・。



そもそも私とのケンカや過干渉で不登校になったと、担任から聞かされているならともかく。



え、担任がちゃんと説明してなかったの?いやこの感じは、なんか挨拶代わりの一発っぽいし・・・。でもなんでそんなことを!?」とポカーンとしてしまいました。



ただまあ、予想が付かなかったというか・ある意味ついていたというか・・・



私はその頃、もうすでにママ友にも色々言われたり・悟りを開きつつあったもののちょっとマイナス思考になっていて、「あーこれでスクールカウンセラーまで変な人だったらどうしよう。



いやいや、私がハズレクジを引く事がいかに多いとは言え、さすがに無いでしょう。



私立の学校が雇ってるスクールカウンセラーなんだし。不評なら、交替させられているはず。



うん、大丈夫じゃない方の予想を思わずしてしまうこのマイナス思考が、悪い運を引き寄せてるのかも。



・・・私がしっかりしなきゃ!!!」



と思い直してから入室していたので・・・悪い予感が、正解と言えば正解だったのかな。



もう、ここまで振り切ってサラっと暴言を吐かれたら、傷付いた!!と言うより・・・「うわ、やっぱり来た!



でもそう思ってしまうのって、マイナス思考じゃないよね!?実際、こんなの普通は「無い」発言なんだろうから。



これ、自分がやられたんじゃなくて他の人がやられたって聞いても、同じように違和感感じるもの」と思いながら、乾いた感じで苦笑いするしかありませんでした。



こんな未知の世界でビックリさせられるような大人が次々に現れるものだから、なんかもうリアリティがなさすぎて。



ジェットコースタードラマだって、こんな風に問題児を詰め込みやしないだろうに・・・真実は小説より奇なりっていう状態かしら。



まあそれでも、よそさまでこんな事が起きてるならともかく(いやそれでも良くはないけれど)、よりによってわが家か・・・どうしよう。



その時精神的にはやっぱりかなり辛い時期だったのに、カウンセリングを受けながらそんなことを頭の中でごちゃごちゃ考えていました。



カウンセリング中にもかかわらず、冗談抜きで「お祓い行こうかな・・・」と現実逃避してしまった記憶があります(※私は無宗教です)。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校になった時

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天