sponsored link

09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

それからしばらく、大きい声を出す中年男性がダメになった長男。また病院を変わるにも、一苦労・・・。 




F医院の院長先生は・・・



こんな風に、弱っている男子を目の前にして次々と暴言が吐けるなら、紹介状に嘘がなくてもきっとこういう人なんでしょうね。



今まで挫折とかした事無いからなのかな?こんな風にキツくあたれるのは。



この勢い、校医やAくんママを彷彿とさせるほどでした。



もし私が長男に不満を抱いていて、このF先生と同調したら・・・子供にとっては、二重に地獄なんでしょうね。。



恐ろしい・・・。



医療関係者って、本当にピンキリなんだな・・・と思ってしまいました。



そして、この先生がとっても地声が大きい人だったので、ただでさえ不眠になってから「音」に敏感になっていた長男のダメージは甚大で。



これから、新しい病院を探すにも・新しく学校の先生等々を探すにも、「声が大きくない人にして」という注文がついてしまい、大変でした。



それって、ホームページだけじゃ分からないし、電話で受付の人に「先生って声・・・大きいですか?」なんて聞きにくいし。



そして、この病院はもうムリだ・・・!と言う結論が早々に出たものの、じゃあ薬をもらうために「次」にすぐ行けるほど、長男の気力が中々戻らなくて・・・非常に困ってしまいました。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天