sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

嘘ばかりの紹介状のせいで、新担当医に嘘つき呼ばわりされて・・・悲惨な診察。 




私はちゃんと理由を伝えて、D病院の医師に紹介状をお願いしました。



それに、大きい病院は一般的になるべく近所の診療所で済ませられるようになったら移ってもらって、本当にこの設備の診察が必要な・大変な患者さんに力を回したいって聞いたことがあるから、別にそれは失礼ではなかったと思います。



担当医も、ゴネたり嫌な顔をすることもなく、「まあそうですね、わかりました」とアッサリ言ってくれていたし。



変な雰囲気になる事もなく、最後の診察は終わりました。



そして後日、紹介状ができあがったというので私は受付に取りに行き、封がしてあったし勝手に見るものでは無いのは知っていたので、特に何もしませんでした。



内容を、疑っても居ませんでしたし。



ところが。結局F病院にその紹介状を持って行き、診察が始まるや。



院長のF先生は、「自閉症スペクトラム障害か。アスペルガーね。で、不登校なんだって?」といきなり切り出し始めたんです。



私も息子も、もう唖然。



と言うのも、結局最後までD病院はアスペルガーの診断をしてくれなかったので、何度か「なんでしてくれないんだろう」って息子にせっつかれていた私は、



この病院に向かう行きの車の中でも聞かれて、その疑問に対してやんわりと・なんとかうまくおさまるよう返事をしていたからです。



それなのに、F先生はイライラして怒鳴り気味で「なんでそんなに驚いてるの!!「診断書」(と確か言っていた)に「自閉症スペクトラム障害」と書いてあるよ!!」と紙をぴらぴらさせながら、見せてきたんです・・・。





関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天