sponsored link

01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

不登校での睡眠導入剤・抗不安薬をなるべく減らしてくれた「最後の病院」の先生の話。 




副作用に「突然死」のあるお薬。



その後、結果的には一度も幻聴も幻覚も出ずに、服用を終えることができたのは良かったかな・・・。



でもそれまでいつ先生から、急に「統合失調症かもしれない」と言われるんじゃ無いか・・・と、内心ずっとビクビクしていました。



しかも統合失調症の診断が出なくても、その薬を飲んでいる限り、「突然死」があるかもしれないわけですから・・・。



子供は勿論そんなことは知らずに飲んでいたけれど、私は子供が服用するたびに心の中で、副作用が起きませんように・・・と冷や冷やしながら祈っていました。



この後、息子は3箇所ほど病院をかわり、最初の個人病院に変わった時点で「違う薬(新薬じゃないもの)」に先生が率先して変えていました。



ただし、その次の薬ですらも、最終的にかかった病院で「これはずっと飲む薬じゃない」と言われたので・・・何が正解だかは、よくわからないです。



それでも、最後の病院の先生は 他と違い、なるべく様子を見ながら薬を減らしたり・話をよく聞いてくれる先生だったので、とても感謝しています。



本来だったら、どんどん患者をさばいて薬を出す方が、病院としては儲かるのに・・・。



ものすごく人情家って感じでもないものの、普通にじっくり腰を据えて話をしてくれて。



薬を減らすその誘導の仕方も上手かったので、息子は不安を感じることなく減らしていくことが出来ました。



またこの先生のことは、追って書きたいと思います。







関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天