sponsored link

05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

嘘つき担任は、転校の書類すらも用意してくれず・・・またもや嘘。 




学年末までの授業料何十万円か払えって転校すれば、専科かなにかの単位をちょっとだけおまけでつけて【あげられる】かもしれない。



この段階で、そんな曖昧な・適当な話題に私は唖然。



しかし。私は、担任にはクレームや嫌味は言えませんでした。



と言うのも、月の区切り的に・・・通信制高校の転校手続きの〆切りが間に合うか微妙だったからです。



ちょっとは余裕があるものの、今までのこの担任のペース・のらりくらり・適当・はぐらかしっぷり・・・等々を考えると、期日までに用意してくれるかは、かなり怪しい。



ある意味日数的には充分すぎるほどあったけれど、「この」「担任だし、それを抜いても今本当に公私ともにお忙しい時期かは、私は彼じゃないから分からないし。



だから、私は「学年末まで在籍していれば温情の可能性」の話を丁重にお断りして、転校するために学校側で書いてもらわねばならない書類の作成を、お願いしました。



「○月○日が〆切りなので、×日には受付に取りに行きたいのですが、先生のご都合は大丈夫でしょうか」と。



すると担任は、「あーはいはい、やっておきます。さすがに大丈夫ですよ」と返事したのですが。



当日。



受付に電話して、ちゃんと届いてるか確認したら・・・・・・。



「全然」話が行っていないみたいで、全く揃っていませんでした。




関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天