sponsored link

11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

不登校のタイムリミット寸前、AくんママとBくんママの泥仕合が・・・。 



あたまにきたBくんママは、Aくんママと電話で大喧嘩。



BくんママはAくんママと完全に決裂してしまい、係はまだあるのに絶縁宣言してしまうほどでした。



そして、Bくんママは怒りのままにわが家にまた電話してきました。



あれほど、断ったのに・・・。



でも、家の固定電話だと息子も着信履歴読めちゃうけれど、携帯に変えたんだからいいでしょう?くらいの軽い感覚でした。



その頃わが家は本当に首の皮一枚で大変な時だったので・・・とてもじゃないけれど、話が頭に入ってこない。



興奮しているBさんに 今は無理です・・・と伝えても全然聞いてないし、どうしようかと思いました。



ただ、「琥河さんがいなくなるから、わが家が余計にAくんママから負担を求められた」みたいな言い方をするので、むげにしすぎる事も出来なくて。



ひたすら断ったり・電話を切りたい旨を伝えながら、げっそりするばかり。



わが家の話は全然聞いてないみたいだし、Bくんママはわが家が転校した後まで電話してきたんです。



なんでいなくなった学校のグチを、しかもわが家の不登校のきっかけになった・あまり思いだしたくもないAくんの名前を、いつまでたっても聞かなければならないのか・・・。



しかも、「転校後も仲よくしたい・話を聞いて欲しい」と言われても・・・。



ちょっといっぱいいっぱいだから・・・と丁重にお断りしたけれど、しばらくは電話が鳴るたびにびくっとしてしまいました。


関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天