sponsored link

01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

校医は、エリートのAくんや身近のひいき筋ばかり守ろうとして・・・げっそり。(5) 




「不眠・昼夜逆転・視線恐怖を発端として、統合失調症が発症する可能性がある。だから、お子さんから目を離さないで下さい」とCの医師に言われてから。



私はしばらくは、息子から余計に離れられない気分になったし・そうすると余計二人でいる時間が増えて不登校問題で頭がいっぱいになって柔軟性を失ってしまいそうな気がしたし・



そうなるといざという時に対応力が減ったり・健康を害したりするかもしれないと感じたり、あと買い出しの間一人にするのもちょっと怖いと思ってしまったり・・・で、そうでないと分かるまでのしばらくの間、本当に頭がいっぱいいっぱいになりました。



統合失調症って、昔の呼び名で言うと精神分裂病で、120人に1人位と意外とその数は多くて、今は薬で症状が改善できるから社会復帰もできる・・・とはうっすら知っていたものの、かなりショックが大きかったです。



不登校になって色々な驚きや戸惑いがあったけれど、ここまで話が広がるとは思っていなかった。



生きていさえいてくれれば、なんとかなるはず。



死ぬ病気じゃないんだから・・・未来を信じなきゃと思って自分を奮い立たせていたけれど、生きながら長男が長男じゃ無くなる日が来るかもしれないなんて。



ますます、誰にも相談しにくい・・・。



「そうなんじゃないか」と息子を疑うような・監視するような目で見ることもためらわれたし、どんなスタンスで居ればそれこそ「正解」なのかもよくわからなくなってしまいました。



関連記事

sponsored link






カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天