sponsored link

12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

不登校後、浪人中の勉強の状態。 




そして長男は春休みの時期には一人旅をしたり、すごく長いしらないルートをマラソンしたり、割と活発に外に出ていた気がします。



浪人だけど、まずは一年目終わった~と言う達成感と、本当に肩の力が抜けて外を楽しめるような状態になって来たからだと思いました。



一人で登山もしてみたいと言っていたけれどさすがに遭難したらなあ・・・とも言っていて、その分すごく遠い主要な駅まで歩いて行って、もし災害時でも帰って来れるようになったと笑ったりしていました。



あれから二年半くらいで、すっかり人が変わったように外に出れるようになって、夫ともどもほっとしました。



ただ4月から実際の浪人生活が始まってみると、本人焦りやらもやりやらが出て来て、集中力は欠けていたみたい。



楽しかったのは春休みだけで、「浪人」の二文字は本人にはそれなりに足枷になっていたみたいです。



ずっと椅子に座っているとすぐに首肩が凝って緊張するので、バランスボールに乗りながら暗記ものをやったり・身体が硬直しないようにいろいろ工夫していました。



ただ、現役の時とは違い、自分の体調管理はだいぶバランスが良くなった感じ。



一時期のように無理してガリガリ・・・ではなく、絶好調にはなかなかなれなくても、これまたネットとツイッター情報で体脂肪率と筋肉の付き方にこだわるようになったり、心身のバランスを取りながらコンスタントに勉強していると言った感じでした。



でも結局、浪人の時期は大型の予備校も通わなかったし・模試も一回も受けずに、個別指導のみ。



こんなので、それこそ果たして4月から通えるのだろうか・・・と思いましたが、これまた黙って見守っていました。



あれもこれもできない、ではなくて、できるようになった事をスルメを噛むがごとく、親子で味わい地道に生きていた頃でした。






sponsored link






関連記事

カテゴリ: 不登校~大学合格・入学式前迄の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天