sponsored link

12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

不登校・一浪後、結構現実的な志望校・併願スケジュールが組めました。 




かくして、「第一志望しか行かない」から「受かればどこにでも行く」宣言をした長男は、受験校が一年目の3から10前後に膨れ上がりました。



(その分、受験費も・・・(苦笑))。



ただ高校生活にはブルーなイメージしかないものの、大学生活には明るいイメージでいるみたいだから、そこは安心できました。



なんとなくだけどいい事ありそうって思えるのって、大事ですよねえ。



そして赤本を買いそろえてみると、難関校はひねった問題が多いので傾向も必要だけれど、中間はそうでもなくて、偏差値が下の方の学校はシンプルな問題が多いから楽勝・・・と言った感じだったみたい。



ただ理工系志望なので、文系みたいに一つの大学をいっぱい受けられないんですよね。



(例えばA大学に入りたい!が大前提なら文系だと文・経済・法・教養等々と日程が被らなければいくつも受けられるけれど、理工系はA大学で1つしかないからチャンスは一回のみ)



その分、理工系は就職とかではいいのかなあ・・・(長男には集団面接で自己アピールとか無理そう・・・!?)と思ったので、相談の上 どこをどう受けて・日程がぶつかったらどっちを選ぶかなどを話し合いました。



かくして志望校とその順位が決まると、今度は手続き。



結構大学によって、手続きの仕方が違うんですよね・・・しかも方式がいっぱいあって、よくわからない!!紛らわしい!!



だけど、自分のミスで長男の頑張りに水をさすような事があってはならない・・・と、妙に緊張しながら支度したのを覚えています。



sponsored link






関連記事

カテゴリ: 不登校~大学合格・入学式前迄の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天