sponsored link

02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

不登校の数少ないメリット(?)は、家事の大変さを分かってくれたことかなあ。 




長男はスクーリングへの送り迎え・日々のサポート・ご飯や家事などに対しては、最初からよく「ありがとう」とは言ってくれていました。



反抗期は無口になったり・屁理屈をこねたりすることは多々あったものの、中学三年間でほぼ終わっていました。



割とその屁理屈が理論的と言うか冷静に論破されかねないようなものだったので、扱いに困ったりすることはあったけれど、殴られたりとか暴力はありませんでした。



男三人兄弟だけど、とっくみあいのけんかも見た事が無くて・・・周囲では壁に穴が開いたなんて聞いたことがあるのに、うちでは一応無いかなあ・・・。



かといって、女子っぽいわけでもなく・・・。



なーんとなくだけど3人とも、どこか昭和の頑固おやじっぽいところもあるような・・・?



今のところ三人とも所謂ウェーイ感はなくて、マイペースな学者っぽい感じ・・・なのかな。



そんな中でもひときわ学者感が溢れ出てる長男ですが、その内口だけでなく行動で「ありがとう」を返してくれるようになりました。



不登校当初はそんなに料理できなかったけれど、今では結構な品数を作れるようになったり・家事もだいぶできるようになりました。



不登校ってデメリット(?)が多いものの、(うちは自室ひきこもり型でなく、リビングひきこもり型だったのもあり)家事をしている私を一日中通しで見てると、家事で忙殺される意味がよく分かったみたいで、そこは数少ないメリットのひとつだったのかなあと思います。




sponsored link






関連記事

カテゴリ: 家族や兄弟の事

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天