sponsored link

08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

留年タイムリミットを告げる役は、学校にも病院にも断られました。でも・・・。 




この頃、留年タイムリミットの計算方法などを学校に問い合わせてもコロコロ変わったり・なんかもごもごしてよく分からない返事しかもらえていなかったので、私は学校に改めて電話して相談しました。



それでも相変らず答えはもらえずモゴモゴされ続けたけれど、「○月○日ごろと分かった場合、先生が長男に その頃だけどどうする?と聞いて下さるのが一般的なのでしょうか。



それとも親や病院の先生が、本人に聞くのが一般的なのでしょうか。



本人はいつごろかを知りたがっているので、知らせずにいつの間にか・・・と言うわけにもいかないので、こう言う場合どうするのが普通なのか、ご存じでしたら教えて下さい。



なんとなく、学校側で日時をある程度はっきりしていただいて、本人に知らせていただいて、私がフォローする・・・と言うのが良い気がするのですが、それは間違っているのでしょうか」



そんなことを聞いた気がします。



ただ、とにかく学校側は消極的で「それは・・・私の仕事ではありません。病院の先生に聞いてみたら」と言う反応。



だから、「ならば病院の先生に相談してみます」として、「いつごろまでかだけ、計算方法なども合わせて調べるのを引き続きお願いします。」と言って電話を切りました。



(結局、調べてもらえずにだまされましたが)



そして病院の先生に「学校に相談したらこうだったので、病院の先生はしていただけるのでしょうか」と聞いたら・・・「それを誰か他の人が本人に伝えて、その結果現われた本人の症状・ダメージ・気持ちの変化に対してサポートするのが私の仕事であって、



伝えるのは私の仕事ではありません」と返事されてしまいました。



すると結局、私が言うしか無いのか・・・と思いましたが。そんなこんなの話の流れから、担当医が急に意外な事を言い出しました。


sponsored link






関連記事

カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天