sponsored link

06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

これが、わが家の最後の希望だった校医面談かぁ・・・(苦笑。 



校医面談では、以前同様「親にだって傷付く心はあるんです!!」と心底思いましたね~。



でもこの学校の不登校に対応する関係者には、「親の心」なんて言う視点はないみたい。



私、何しに来たんだろうって・・・ひたすらしみじみ。



これが、1回しか受けられないから何とかその日までには・・・と思ってた「わが家の希望」の校医面談かあ・・・・・・・・・・・・(笑。



そして、王制でも貴族制でもないこの現代日本で、こんな世界が平気で存在するんだ・・・とビックリ。



こんな価値観が、青少年を育成すべき現場でまかりとおってるなんて・・・元いた高校だけかもしれないけれど、なんか、えげつないですよね。



あと、この面談が終わったら終わったで、夫や息子たちに何て説明したら良いのか・・・と困惑。



エリートや富豪じゃなくてバカにされたって言ったら、主人のプライドも無駄に傷付けちゃうかな・・・とか。



息子には「アスペだからついてこれないだろうからもう来るな」、と言われたとは言えないから、「今後は主治医の先生と相談しながら決めてくださいって言われた」とか何とか、違う表現にしました。



そんな風に、いちいち何をどこからどこまでそのまま話せば良いのかな、とか疲れ切った頭で考えなきゃならなくて大変でした。



面談で目の前に居る人たちは根っからでどうにもならなそうだから、わが家の面々にどうあたっていくかに集中しようと切り替えました。



他のご家庭で、不登校問題で夫婦の意見が食い違いすぎてケンカになったり・離婚してしまったりした話を耳にしたもので、妙に慎重になっていたのかも。



家族全員それぞれに疲れていたし、些細な一言を根に持ったり・かちんときたりしやすい時期だったので、言葉の選び方には細心の注意を払いました・・・(疲。



特に、下の弟たちが・・・難しかったですね(本人も、本人なりに頑張ってくれていたとは思いますが)。これはまた後日書きます・・・。


sponsored link






関連記事

カテゴリ: 不登校の時期

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天