sponsored link

10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

「不登校長男が避けてきた制服高校生」が集う、模試と言う壁が・・・・・・・・・・・・・・・。 




そして、なんとか復調・勉強も本人なりにできるようになってきた頃・・・・・・・・・・・。



また一つ立ちはだかったのが、「模試」と言う壁です。



と言うのも、この模試には「長男が避けてきた制服高校生」が集い、「視線恐怖」には厄介な「大勢」がいて、大学受験の模試ともなると、一日中。



視線恐怖は大分やわらいではいたものの、当時完治はして無くて。



さらにはこれまた、長男が最も苦手とする「休憩時間・昼休憩の居心地の悪さ」があるわけで。



だから、どこまでどうしようかは本当に悩みました。



しかも、中学受験に比べて、大分「元々の模試の設定回数」が少ない気が・・・!!



早く申し込まないと、辺鄙な会場になったりするし・・・。



毎回予備校のホームページを見ながら、どれをどう申し込むか頭を抱えてしまいました。




sponsored link






関連記事

カテゴリ: 不登校~大学合格までの勉強面等の話

テーマ: 不登校 - ジャンル: 学校・教育

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

ランキング

楽天